剣道の試合のルールを学びたい人必見!

剣道のルール

気になる剣道の試合のルールを見ておきましょう。

 

 

試合時間

剣道の試合は、1対1の試合で試合時間は概ね5分を基準とされています。
基準とされているというのは、小・中・高等教育の中で試合時間の調整がされるためです。
小学生の試合では2分、中学生では3分、高校生では4分以上の試合時間が採用されています。

 

また規定の時間内に試合の決着がつかない場合には、延長戦が設けられています。
延長戦は主に3分を基準としています。

 

 

3本勝負

概ね1試合3本勝負で行われます。
3本勝負というのは1試合を3つのゲームで分けるということではなく、
1試合の中で有効打突を3本を決め、先に2本先取した方が勝ちとなります。

 

また3本勝負ではなく1本勝負で行われることもあります。
有効打突とは、竹刀により定められた面・小手・胴といった打突部位を正確に、
十分な気勢と適性な姿勢を維持しながら打突することです。

 

また試合の中で有効打突がなかった場合などは、審判による判定が下されて勝敗が喫します。
判定の基準は、どちらの選手がより有効打に近い技を繰り出していたかなどです。

 

 

禁止行為

剣道は原則的に竹刀のみを相手の打突部に正確に当てることを目的としたスポーツです。
相手を手で抱え込んだり、押さえつけたりすることはもちろん反則です。
また足を使って相手に危害を加えるようなことも反則です。
間合いが近くなっているときに足払いをしたり、足をかけて投げ技をしてはいけません。
また相手への直接の肉弾攻撃ではなくても、相手の竹刀を掴んだり、脇に抱えるようなことも反則となります。
また防具を装備してない打突部位以外の体の部位を竹刀で攻撃することも反則です。

 

 

さらに悪質な禁止行為

剣道には一発で失格や退場になってしまう悪質な反則もあります。
剣道は礼を重んじ、フェアプレーを尊重することを大きな目的にしています。
たとえば審判に対して暴言を吐いたり、非礼な行為をすることはただちに退場・失格処分になります。
またドーピングなどが判明したり、薬物を使用したことが明らかなときもただちに負けになります。
そのほか不正な竹刀や不正な防具を使用したことが明らかなときも負けになります。