剣道は年々世界各国から愛されるスポーツですが初心者が知っておきたい情報をまとめました。

剣道の歴史と国際化

剣道と言えば日本人には馴染みのスポーツでしょう。
日本国内に剣道有段者の登録者は160万人以上いるそうです。

 

ですが、剣道のルールや技の種類などを知らない人も多いのではないでしょうか?

  • 一本ってどうすればいいのか?
  • 色んな技があるけど種類が分からない
  • 制限時間は何分なのか?

など様々な疑問があると思います。
全然やった事がない人や剣道初心者の方にも分かりやすいように剣道の知識についてご紹介していきたいと思います。

 

まずは剣道の歴史から学んでいきましょう。

 

剣道

日本では古来より剣術や空手といった格闘術が武士同士の戦いで用いられてきましたが、太平の世を迎えるとそれらの実戦術が不要となった事で江戸時代に「武道」として確立していきます。
剣道の場合、江戸時代の後期には道具や稽古法、そして軸となる精神性が確立されていましたが、明治時代に入ると武士の身分が廃止された事で剣術や剣道は急速に衰退していく事になります。

 

しかしその後、警察組織を中心に剣道の価値と精神性が見直され、再び剣道に注目が集まることになります。

 

その後、二度の世界大戦を経て日本人移民が世界中へ散らばった事によって剣道が全世界に広まり、ひとつの競技として少しずつその人気を高めていく事になります。
昭和45年には全日本剣道連盟の国際競技団体として「国際剣道連盟」が設立され今日に至ります。
剣道の歴史の詳細についてはこちら

 

剣道の精神と理念

剣道は日本古来の武道であり、現在ではスポーツの一種として多くの人から親しまれています。
今ではすっかりスポーツ化している剣道ですが、「礼に始まり礼に終わる」という精神性を特に重要視するほど「礼に厳しい競技」としても知られています。

 

剣道では礼を正す事によって相手に対する敬意を示すだけでなく、自分自身の心や姿勢を正す事が重んじられています。
そのため、全日本剣道連盟では剣技よりも礼節を重んじることによって「人間形成」を図るための道として剣道を推奨しています。

 

また、剣道を正しく学び心身を練磨する事によって旺盛なる気力を養い、人間としての広い視野と器を養う事が最大の理念であり、目的として示されています。

 

剣道が格闘技として扱われていた時代では足掛けや組み打ち等、「何でもアリ」の武術として広く認識されていましたが、最近では剣道を「勝つための修練ではなく己を高めるための修練」と位置付ける考え方も多く、剣技そのものを競い合っていた時代に比べると剣道は「精神性」に傾きつつあると言えます。

 

 

剣道による精神の鍛錬

今では競技としてではなく精神鍛錬が主な目的となりつつある剣道ですが、元々は日本の武士によって培われてきた剣技や格闘術が太平の世を経て進化を遂げ、「武道」として確立したのが剣道の始まりだと言われています。

 

剣道をはじめとする武道は肉体だけでなく「精神鍛錬」を目的としているものが多く、現在では中学生や高校生の必修科目として扱われているほどです。
特に剣道では精神性が重んじられるため、肉体的な修練というよりは「メンタルトレーニング」を強く意識した修練が多く見受けられます。

 

現代社会における剣道は事実上ではスポーツとして位置付けられていますが、全日本剣道連盟によると「稽古を続ける事によって心身を鍛錬し、基本的な人間形成を目指す」という理念が掲げられています。
そのため、剣道に取り組む際にはこの理念を強く意識しながら、日々の鍛錬に臨む事が何よりも重要とされています。
また、剣道のみならず陸上競技・球技等といったスポーツでは肌を露出する機会が多くなるためか、最近では男性の脱毛が一つのエチケットとなっているという変化も現代社会の特徴と言えるでしょう。

 

国際剣道連盟に加盟している国々

剣道と言えば日本古来の武道として世界的にも有名であり、技を競うよりもその「精神性」がもっとも重要視される事でも知られています。
そのため、全日本剣道連盟や国際剣道連盟では剣道を単なるスポーツとして扱う事を嫌い、オリンピックでの正式種目として認定される事に対して消極的な姿勢を取っています。

 

しかし、剣道は既に世界的にも高い知名度と競技人口を誇っており、全世界で47ヶ国とその地域が国際剣道連盟に加入するほど認知度の高い競技として扱われています。
そのため、IOCが定めるオリンピック種目としての条件は既に満たしてはいますが、剣道の精神性を何より重んじる全日本剣道連盟や国際剣道連盟が推し進める「剣道の非競技化」がオリンピック種目としての認定を受ける最大の弊害となっている現状があります。

 

しかし、剣道を愛する国々は時間の経過と共に増え続けており、1970年代からは3年に一回の頻度で「世界剣道選手権大会」なども開催されています。

 

ちなみに剣道の競技人口がもっとも多いのは母国でもある日本で「約160万人」、次いで韓国が「約50万人」、そしてヨーロッパ諸国の中ではフランスが「約1万人」、ドイツで「約3000人」と言われています。